« 黒神 Episode 01 「三位一在」 感想 | トップページ | WHITE ALBUM  第二貢 「ずっと前から仕組まれていた、そんな出会いって、信じる?」 感想 »

2009年1月10日 (土)

鉄のラインバレル ♯14 「流れる血、失うは涙」 感想

もう、原作無視でおkみたいです。社長撃たれる話も原作じゃないみたいですし。

 

Wincap1650

社長死亡・・・面白いキャラだったのに・・・

Wincap1651

研究員「計画通り・・・」

Asuran_241

ネタ王「このロリコンが!!」

Wincap1652

ナイス!ボート!!って狙ってやっただろう。

Wincap1653

道明寺敵になるの?

Wincap1654

コイツもしかして矢島?

悲しい時は笑うしかないですね・・・という訳で受け取って。

|

« 黒神 Episode 01 「三位一在」 感想 | トップページ | WHITE ALBUM  第二貢 「ずっと前から仕組まれていた、そんな出会いって、信じる?」 感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄のラインバレル ♯14 「流れる血、失うは涙」 感想:

» 鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」 [パラサイト・イブ]
「桐山のシナリオ」 [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 22時58分

» 鉄のラインバレル #14 [日々の記録]
桐山のクーデターは、加藤機関と結託したものでした。迅雷部隊を指揮して、桐山はあっという間に日本の各所を制圧してしまいました。政治中枢、マスコミ、輸送手段を掌握して、桐山は...... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 23時11分

» 鉄のラインバレル #14「流れるは血、失うは涙」 [MAGI☆の日記]
鉄のラインバレルの第14話を見ました。#14 流れるは血、失うは涙航空産業事業に従事する傍ら、兵器開発にも取り組む大企業・キリヤマ重工の社長である桐山英治は加藤機関や自衛隊と深い繋がりをもち、政財界でも一目置かれていた。だが、その地位に飽き足らない英治は、...... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 23時12分

» 鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想 [Little Colors]
なんというサプライズ。 鉄のラインバレル #14 「流れるは血、失うは涙」 [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 23時40分

» 鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」感想 [八月の鍵]
鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」の感想です。 [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 00時39分

» 鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想 [パール]
原作変えすぎ…。 [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 09時45分

» 鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想 [WirepullerofAnime〜アニメの傀儡師〜(旧:日々、徒然)]
怒涛の展開で前年の放送を終えたこのアニメ。今年初の放送で、物語はどう動いていくのか。 [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 14時26分

» 鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」 [のらりんクロッキー]
石神社長マジ死んじゃったああああ・°・(ノД`)・°・ ラインバレル屈指のお笑い担当が(ぇ 結衣がちらし寿司を捨ててるシーンには泣いた。 絵美ちゃんは意識不明、JUDAどうなっちゃうんだろ。 桐山と加藤はマジでグルだったのかあ… そして道明寺までが桐山に…... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 16時44分

» 鉄のラインバレル #14 「流れるは血、失うは涙」 [ゼロから]
桐山のクーデターで犠牲になった石神邦生。もうちらし寿司やエロな行動は見れなくなってしまったのですね。 [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 19時38分

» 鉄のラインバレル14話「流れるは血、失うは涙」感想 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
というわけで、前回からなぜか急に、ボク好みのシリアス展開になってきてしまったという、ラインバレルです。 鉄(くろがね)のラインバレル VOL.1 ¥2,952 <ざっとまとめ> ・暴れまくる桐山のクーデター軍によって、なすすべもなく制圧されてしまう日本。 ・... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 20時24分

» アニメ「鉄のラインバレル」第14話。 [渡り鳥ロディのミラーブログ]
第14話「流れるは血、失うは涙」 TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。 TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。 本家記事はこちらから 調子のいいこと言いやがって。この、うそつき野郎! 「鉄のラインバレル」第14話のあらすじと感想です。 そんな風に言いたくなって当然か。 (あらすじ) 無能な政治家や公務員からこの国を解放するのだと言う桐山。 森次に撃たれた石神は死亡してしまった。JUDAのメンバーは悲しみに暮れる。 そんな間に、日本は桐山... [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 01時54分

» 鉄のラインバレル第14話『流れるは血、失うは涙』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
石神社長の死をキッカケに、涙を振り絞りつつ浩一が正義の味方への誓いを新たにする…というお話な訳ですが…。 (・_・)エッ....? 本当に死亡扱いなの!? 撃たれたけど生死の境をさ迷う的演出なのかと思いながら見ていたのですが、あれだけシズナ達に囲まれてしまうと、仮死状態でした!という展開にはなりにくい気がします。 浩一が最初に踏み潰された時は、すぐにラインバレルが蘇生させてくれた訳ですが、さすがに時間も経ちすぎていますし。 一芝居打っているのだとしたら、それをどうやって説明するのかが見物ですね。... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 01時03分

« 黒神 Episode 01 「三位一在」 感想 | トップページ | WHITE ALBUM  第二貢 「ずっと前から仕組まれていた、そんな出会いって、信じる?」 感想 »